スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

さんわの若鳥

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

お疲れ様です。
今回はこのあいだ、ある勉強会で学んだことをメモっておこうと思いブログって見ました。
さんわの若鳥といえば、名古屋では知らない人がいないくらい有名な企業ですね。その会長の講演会があって、そこで
聞いて心に残ったことをちょっと書いておきます。

さんわの若鳥とは、会長(65)で4代目にあたるそうです。でも2代目の人がたくさんお金を使ってしまい、企業的には一度失敗しているといっておりました。そして彼がその歴史感をうまいことブレンディングして、今の100億円企業に育て上げたのです。

その方がいろいろ言っていたのは、まず、経営者がきちんと勉強すること!座学もとても大切だし、それをキチンと
実践するのも大事だって。こういうことがあったそうです。若い時に、ある勉強会で感銘をうけ、その勉強会に入会し、学びました。で、3年きちんと勉強して、卒業して、実践に生かした。で、20年たって、その勉強会の古いメンバーによばれて、そこ会に久しぶりに行ったら、まだそこで勉強している人がいた。座学ばかりやって、何もしないで、社業に生かさない。それも全く意味はないよね!って。(どっかで聞いたような本末転倒的な話ですね)

でもきちっと座って学ぶ。ある程度の時間を集中して学ぶ。これをするってことの大切さは今回わかりました。上っ面だけ学んでも知ったかぶりになってしまいますもんね。

そして、自己犠牲を惜しまない。成功体験を積み上げる。我欲でもいい。チャンスも見つける。
実践可能なことを日々の生活や、仕事で見つけ、明確化する。そして文章化する。
目標とは各人の存在理由、各企業の存在証明であるって言っていました。確かに必要とされるってことだね。

そして、どう見つけるか?それは訓練することだそうです。チャンスの見つけ方も訓練。そのためには社業分析、業界分析もとても大切だということもわかりました。分析しなければ、努力している矛先が全く違えば、つかれるだけでくたびれもうけですもんね。あと分析すると、時代に合ったものが見つかるかも。さっきの必要とされるってことにもつながるね。

というわけで、勉強になりました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://starsystem2012.blog.fc2.com/tb.php/77-0dd00031