スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

ワインについて最近気になる。

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

こんばんわ
最近身近なところでワインと関係することが何回かありまして、意識したので書き留めておこうと。。。

年末のある会合で小牧ワイナリーの計画を知った。ワイナリーとは?それはワイン用のブドウを栽培して、製造する農家&工場である。でもただのワイン工業ではない。体の不自由な方や、心身的な障害者支援団体、「AJU自立の家」さんたちがいろいろな思案で、このワイナリーを作ることになったっていうおはなし。昔からヨーロッパでは体の不自由な人とともに修道院がおもにそのワイナリーを育ててきたというのは海外ではよくある話。それを日本でやって、そこで働く彼らの給料の平均賃金を上げようという試みなのです。
彼らの賃金はあってないようなもの。よくても一か月2万とかで、ほぼボランティア。それもそのはず、彼らだけでは働くことはできないし、そういう施設も必要。で彼らの手取りはほとんどないものなのだとか。でもワイナリーでしっかりした売り上げができればその支援にはなるということ。私も早速一本ワインのなる木を買いました。法人向けは3万円で、6本のワインをいただけるらしい。お得感もあるかもね。こういう活動は頑張ってほしいし。
俺もって、気になる方は直接ご連絡を!!
1小牧ワイン
小牧ワイン2



もうひとつのワインの出来事は、ワイン教室なるものに行ってきた。これは2時間くらい、ソムリエさんがうんちくを垂れながらおいしいワインを軽食をたべながらワイン6本をその場であけて10人くらいの限られたメンバーでワインの味を楽しむという企画である。あまり聞きなれない言葉をたくさん聞きながら、初めての参加。
この日は「縦のみ」という飲み方で飲んだ。どれが縦かというと、2005年から2009年までの同じ銘柄のワインの味を感じる。同じ時間に抜栓して飲むというこだわり。
まあ、味がどう違うかなどというのは正直あまりわからなかったが、なんとなくそういう気がしたのがまた面白い。そこでは「スーパートスカーナ」というイタリアのトスカーナ地方で高級ワインを作るワイナリーから直接引っ張って仕入れたといっていました。しかもどこかほかの地方を浮遊して日本に入ってきたものではなく、直接同じ手法で輸入したものではないと、縦のみということにならないようです。すごいこだわりを楽しんできたっていうお話でした。
ちなみにここは一回5000円で軽食付き、おいしいパンもいくらでも食べれます。今回抜栓したワインは1本8000円だったらしく、大分お値打ちでしたね。誘ってくれた吉○さんと宮○さんお疲れ様でした!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://starsystem2012.blog.fc2.com/tb.php/62-52e819d8