スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

居酒屋甲子園 決勝みてきた

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

11月12日
居酒屋甲子園の決勝大会を見学にいってきました。
横浜パシフィコ イベントホールで5000人が収容できる会場は超満員。
そこにまずびっくり。
そしてどんなイベントかの主旨が料理ではなく、サービスの追及であった。
決勝戦は1396店舗のなかから上位地区大会優勝店の5店舗が勢ぞろい。
1階のロビーでは出店的な出展企業のアピールブースで、まずは人だかりでした。
そして1店舗ごとのプレゼン時間は30分。
その30分に
企業理念
経営方針
社員教育
お客様とのコミュニケーション方法
独自の制度などをふんだんにアピールしていた。そして業界や環境に感謝をする気持ちなどもアピールしていました。
社長の思いも熱く語っていた。
居酒屋渋谷道玄坂Dremonは今回2回目の優勝を狙って参加していました。
居酒屋業界は倒産が一番多い業界だということです。そして社員離れもとても多く、そんな業界のマナー向上、企業向上が狙いだそうです。社長の考え、社員の夢や考え方、料理の出すスピードやマナー向上、店内の清潔などを洗練し、企業同士が切磋琢磨し、業界を良くしよう、そして業界認知を引っ張っていくイベントになっていると思った。
最後まで見ましたが本当に勉強になった。劣悪な環境でも社員の考え方ひとつで環境も会社も人間関係も良くなるって教えてもらいました。
なにか問題になるのはいつも外部的な影響のせいにして本質を見ない。そんな経営が当たり前になっていた気がします。彼はきっとまっすぐに社員と向き合っているのだろうと思います。
あと、恥ずかしいなんていわせない、人前で会社アピールを一生懸命できる。「今前にあることに一生懸命やる」と理事長がいっとった。あほらしいことに真剣に取り組めるほど組織ができている。人間関係ができている。冷めていればそんなことはできないと思います。うちの組合でも最近、何事も集まりがわるいのは冷めているからだろうか?なんて思いました。会社の集まりも良くしたいもんです。篤いことをやりたいと思いました。
赤●社長は本当に尊敬できる人だとおもった。1396店舗の1位 日本一だ。しかも2回も。社員とも夢が共有できている証拠ですね。社員との夢の共有。そのヒントを教えてもらいました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://starsystem2012.blog.fc2.com/tb.php/56-ba5205cc