スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

ワカドリの三和の講演 すご

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

こんばんわ 先週さんわの若鶏の会長の講演会にいってきました。サンワコーポレーションの会長であります 古川会長のお話。あるみんな仲の良い会ということもあり、いきなり種明かしからはじまりまして、内心びっくりしました。

そのお話って?
・サンワの若鶏は1900年創業なんだって。でもいまの古川会長の会社ではなく、ひいお爺さんの会社はその後2代目が潰しているのですって。笑える話だが、2代目は道楽者ですごいFORDの車買ったり、仏像を買ったりして潰れたんだって。そして会長のお父さんもまた、その会社を商社に買収され、会長が立て直したような感じなんです。といってもお父さんはすでに鳥をさばいていた工場を回していたらしく、20名程度の鳥屋さんだったそうです。それをいまや年商100億に育てたのが会長。すごいことですね。

会社というのは、生まれた時の創業期、養育期、青年期、隆盛期、衰退期、。。。第二創業期と続いていくのだと。
私の会社は青年期くらいかな。隆盛期と衰退期はいずれ来るがその時の活路は大切な事。

おおきなポイントを教えてもらいました。
・コアコンピタンスをしっかり持つこと。
・お客様満足と従業員満足をあげよ。
・強みに対し磨き上げ、他社にはできない何かを形にしていくこと。
misawa.jpg

コアコンピタンスとは?
core competence
企業内部で培ったさまざまな能力のうち、競争のための手段として最も有効なもの。ゲイリー・ハメルとプラハラッドが「顧客に対して、他社には真似のできない自社ならではの価値を提供する、企業の中核的な力」と定義した概念。 コア・コンピタンスを見極める場合、模倣可能性(Imitability)、移動可能性(Transferability)、代替可能性(Substitutability)、希少性(Scarcity)、耐久性(Durability)の5つの点について考える必要がある。どの要素が有効かは市場環境や競争環境によっても異なり、またいったん築いた競争優位も、市場環境の変化とともに陳腐化する恐れがあるため、継続的な投資やコア・コンピタンスの再定義、新たな能力の育成などの努力も欠かせない。
(GOO辞書抜粋)
とまあむつかしい事。ですが、自社のブランディングをどのように設定するか?が大切だって言ってました。
サンワのばあい、ニッチな10%産業で、40%のシェアを取るといった戦略があった。

ただ、いま会長に言われたのは、年商が少ないうちはとにかく大きくしてからだって。そうでないと、投資ができない。余剰する予算がないとブランディングもできないですからね。
だから頑張りなさいって言われました。私もそう思います。ただ、自社の強みっていうのは洗っておきたいところです。だんだんうちの会社もそれが見えてきたところですがね。

 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://starsystem2012.blog.fc2.com/tb.php/49-2cce3ae4