スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

上海行って来た!

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

お疲れ様です。
瀋陽に行って帰ってきて、其の後、関東の打ち合わせに参加して、また3日後に中国に行ってきました。上海。
最近の移動距離は尋常ではなく、さすがに疲れました。
上海の目的は、ひとつは、上海の日系ソフト企業視察。
中国の人件費の急激な高騰での採算が合わず、日本からの受注が大幅に減少。
さらに近年の円安でオフショアを主としてきた日本を相手にしていたIT企業は次々に倒産していったようです。
CHI.jpg
新しい手法でがんばっている2社!(すげーよまじで)


オフショアって? 元はサーフィン用語らしい。。。
・ オフショア(Offshore)は岸(shore)から離(off)れ海に流れる風、つまり「陸風」のこと。
・ 反対語は、「海風」を意味するオンショア(Onshore)(cf.海陸風)。
・ 転じて陸から離れた沖合や、本拠の外の海外のことをさす。

・ITでは《offshore development》コンピューターシステムの開発・運用・保守・管理などを、
人件費の安い海外の企業に委託すること。
※ ウィキペディア参照

とあります。これはなにかって?日本の人件費が高いので、中国の安い人件費を利用し、その格差利益を生む手法。
ただし、いろいろな問題があります。近年では中国の人件費も高騰し、さらに人件費の安いベトナムやその他アジアにそのオフショア地域を変えていく傾向がある。中国のメリットは漢字で、設計書を理解してもらいやすいというのもあった。
しかし、実際日本の会社では、複雑な情報処理を多くIT化しているから、ニュアンスがかなり曖昧で、中国人に
仕様を理解してもらうことが出来ないものもたくさんあり、委託したものが使えないなどといった事故も多数
起きていることも事実である。

そういう情勢の現在の中、上海で聞いた話だが、例えば、日系資本のIT企業では日本からのオフショア案件がほとんどなくって、10社IT企業があると、8社は倒産したという事実を聞いた。今は中国企業→中国企業への受注を主と変えてきている。
しかも日本企業のように雇用義務がないので、給料を安くするととたんに社員が辞めていくのが普通であるらしく
ほかの企業にすいすい転職していくのである。なんだか、雇用の義務って言っているが、日本は社員について言うなら、辞めさせることが出来ない国だが、不景気になったときに多少給与が減っても社員がバタバタ辞めないっていうのもメリットなんだなあって、おもいました。

もうひとつの渡航理由に、人生の先輩社長二人と懇親会をしました。これも今回は大きな目的。
楽しく、人間らしく表裏無く飲んできました。
先輩のデビューゴルフ杯もこの上海でやってきました。其の気温40度!とてもあつーいって言ってたら、今週日本もとても暑い!!どうなってるんだ??日本も40度だけど。あまり変わらないね。
CHI4.jpg

でもそれに負けないあつーい人間関係が出来た旅行でありました。本当に上海恐るべし!また行きたいなあ。
相社長、孟社長もありがとうございました!
CHI3.jpg

大好きな 山○社長と、同い年の黒いシャツの孟社長(彼とは10年以上前に知り合いました)

CHI2.jpg
上海の南北路あたり。とても良い景観。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://starsystem2012.blog.fc2.com/tb.php/48-5969405f