スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

スポンサーサイト

Posted by starsystem blog on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイチーム(中部で最近上場成功したIT企業)のセミナーを聞いた。

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

お疲れ様です。あったかくなってきましたね。ちょっとうれしいけど、スキーにいけなくなるとおもうと、ちょっと寂しいね。
3月4日 地域活性セミナー「NOBUNAGA21」という企画に参加してきました。
地元の銀行や監査法人が主催で、アイデアあるベンチャーIT企業のパッケージ、技術を競い合い、その成績を表彰するイベントでした。そこで、㈱エイチームという昨年ジャスダック上場を果たしたIT企業の社長である林社長の講義を聴きました。内容はいたってシンプルで、わかりやすいお話でした。

エイチームの企業理念や方針、考え方なんかを鮮明に話していただきました。

エイチームの社長はたぶん41歳。わたしより少し上かな。
昔は地元の小さな零細企業で、ゲームをゲーム会社から請け負ったり、人をメーカーに派遣したりして仕事をしていたんですって。IT企業って、大体そんな会社ばかりです。

でもあるとき、大きなチャンスがやってきて、それに乗れた企業だと思いました。その乗れたって言うのも運とかだけではなく、その素質も在ったのだろうと思いますがね。

林さんの言っていた内容をちょっとまとめてみました。

エイチームの経営理念
・ みんなで幸せになれる会社にする
・ いまから100年続く会社にすること

具体的には
・ みんなから必要とされる存在であること
・ 社会 社内で認められる存在になること。
・ 金銭的に裕福であること
・ 幸せにしたい人を幸せにすること

どうしたら実現できるのか?普段会社でやっていること
・お互い認めあうこと
・みんなで会社の経営について考えること
・会社の情報をオープンにすること


とこんな理念であるらしい。IT企業でなくとも通じますね。とても共感できました。すごい人だわ。

atimu.jpg

あと、目からうろこてきなお話は次のかんじ。

「予想を超えることをする」

 ・自分で出来ることをやってもだめ。もう人がたくさんやっていることもだめ。
   例えばこういうこと。近くの安全な池にはお魚がいません。険しい山の上にある池に行けば魚がいる。でも   自分ではそこに行く能力がない。ならば、そこにいける優秀なガイドさんを雇えばいい。大きな獣がいるな   らば、その猟師を雇っていっしょに池に行って、みんなで山分けすればいい。と言ってました。
   
   それはITエンジニアが考えることって、一般的で、楽しさなどないが、クリエイティブな感覚がそこに付    け加えられると、ヒット商品がうまれたりする。)
  
 ・合体技
   カードゲーム+AKB48とかで新しいゲームをつくるとか。

 ・市場の横展開
   1つ当たった賞品があったら、その横展開をするのもよいかと。

 ・自然の摂理 
   人が利用しないとき(空いているとき)は安いということを考える。人が必要と思うものは、    
   値段が上がる。需要と供給のハザマをITでうまく活用するとか。
   というような1例ですが、アイデアとしてITを利用する。


こんなことやっているけどねーなんておもっていてもまねできない。勉強になりました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://starsystem2012.blog.fc2.com/tb.php/27-1ffc3d2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。