スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

リスパック株式会社に見学にいってきました

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

昨日(11月29日)にリスパック株式会社様の犬山工場を見学させていただきました。

愛知県犬山市にあるリスパック株式会社の犬山工場を見学させていただきまして、ありがとうございました。というのも、ある会でご一緒したリスパック株式会社の大松常務さん(まだ30代だよ)が、本会の企画で工場見学を催していただけた機会に参加させていただいただけですが、本当に楽しかった。
写真 (17)

まず、リスパックさんは岐阜プラスチック工業株式会社の主企業である。単独売上で400億円、グループ全体で720億円の大企業である。昔、私も大学を化学科を卒業しているのもあって、こういう企業に入社したかったのです。ですので興味がありました。
リスパックさんはスーパーに並ぶお惣菜のパックや、果物ケース、Petコーヒーカップなどさまざまな使い捨てトレー自社企画から大量生産まで行っている企業です。まず高速で動くラインを見学。そしてそれを試作室にてじっくり見学。写真は企業的にNGなので、適当に流しますが、とにかくすごい!の一言。なかでもびっくりしたのは3Dプリンターなるもの。図面を入れると石膏でサンプルを作ってくれる優れもの。色まで添付できて、お客様に即効でアピールできますよね。これで作業は格段にあがったとか。それと工場の中はものすごく整備されていました。まずこういうところは企業体質はすぐわかります。横断歩道歩行徹底や、社内の風紀もとてもよかった。説明も完璧でした。リスさんは、今後バイオマズ燃料系のプラスチック製品のシェアを拡大していくのがビジョン。そうやって社会貢献していくのだ!と。なんせ植物由来の材料とPet系の材料を混ぜた、通称「ハイブリッドプラスチック」は普通の石油系プラスチックと販売価格の値段を同じにしているというから驚きである。さらに植物由来の製品にしても、石油系の1.2倍程度に抑えているという。今はコスト的に石油系のほうが絶対安いとおもう。それを先進企業としてコスト削減のために工場を一本化したり、営業努力を重ねているところを見させていただいたことは、目からうろこであった。
良くありますよね。自社内のコストを積算して単価を決める会社。あ~いう企業は今後滅びると思います。まえにも言ったように、社会に必要とされる企業であるためには、顧客のニーズに在った単価設定が適格であると思うし、結果社会が認知し、売れる気がします。それこそ社会貢献ですよね。CO2の削減にかなり力を入れていくということを徹底して今後更なる発展を期待してます。

リスプラスチックさんの考え方のまとめ!
バイオ製品の普及=資源創造型である。(水と太陽さえあれば作れる食物が資源だから) サスティナブル社会の創造 持続可能な資源であるから循環型社会の確立をする

見学させていただいたこと、本当にありがとうございました!
risu.jpg

ちなみにこの写真のパックの中身は蝋細工ですよ!すんごいおいしそうでした!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://starsystem2012.blog.fc2.com/tb.php/14-ca1863d8