スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

就職戦線2017  採用についての検討

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

就職戦線2017  採用についての検討

お疲れ様です。
採用について検討してみたいと思う。近年の採用事情は複雑化している。学生にとっても良くないことかもしれませんね。
就職活動の時期も、今年と去年で大きく違いました。これは政府の指導で変わってしまったのですね。
そして様々なリクルートコンテンツの発達や、ITシステムが進化したので、応募についての手段も,ある意味自動化されており、
リクルート系就職専用サイトのメール100件送っとくとか、SNSでとか、ホームページでとか。。。
資料請求、会社説明会とかも煩雑になってきており、本当に複雑な時代ですよね。
そして、昨今は学生ドタキャンが多い世の中ですね。(信じられない行為ですが)楽に企業募集できるようになったので、1回1回の重みがないのではないでしょうか?
そして楽にもし就職が決まってしまえば、離職もまた軽い気持ちで退社してしまうのでは?なんて思います。


とはいえ、私は大学の時(たぶん大多数の人はそうだとおもうが・・・)自分のやりたい仕事なんて見つけることができなかったと思います。特にバブル崩壊のあとで就職難の時代でしたし、まあ決まればどこでもいいかなあ~と。私的には思ってしまっておりました。
現在でも例えば、感じの良いパンフレットがあればそれで「良い企業」という企業イメージなってしまいがち。またなんかまったりした感じの雰囲気のパンフや、現在の世界なら良さげのホームページがあれば、入社の動機には十分だということになってしまいがちですね。
さらに現在は就職について言えばかなり学生にイニシアチブがあります。だから簡単に内定が出てしまうのも問題ですよね。入社後3年以内に退職してしまう・・・いわゆる早期退職問題の因子だと思います。

学生から見た就職事情についていえば、やはり「たくさんの企業参観ができると良い」と思います。例えば一般的な手法としては、インターンシップというのはとても良い手法だと思います。弊社では年間40名を超える人がインターンにお越しいただいています。そして入社に至っては、内定の方の半分以上の方が弊社インターンシップの経験者です。私たちも、就職希望者もギャップがありませんよね。それとか、会社見学させていただくのもありだと思います。そういう機会を学生から創るのもありかと。

学生さんに応援メッセージとしてはこのような感じですね。
・会社見学会、説明会には今からでも積極的に参加したほうがよい。
・先輩がいるのなら訪問したほうがよい。
・ネットだけではわからないことがたくさんある。ネットの情報は半分以下の情報。
・リクルート系の情報メディアもうまく活用すること。
・同業比較もあり。
・学校の先生に聞くのも良い。
・友達とディスカッションするのもおもしろい。就職談話。


就職戦線!がんばってくださいねえ~まだまだ遅くないですよ!


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://starsystem2012.blog.fc2.com/tb.php/113-1046a1a1