スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

ほこ×たてに参加したその後・・・

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

ほこ×たてに参加したその後・・・

東海テレビ バラエティ番組 テレビで有名な 「ほこ×たて」に参加したのは夏のことだけれども、その後そのテレビはとある事情で終わってしまった。
皆さんはどう思ったかわからないけれども、テレビ番組が終わってしまったことは、@残念だ!的な思いです。まあ仕方ないですね。
しかし、私の中ではとても複雑な思いです。まず、番組の内容が薄いと、メディアやネットに言われていたようで、内容が内容だけに終わっても仕方ないと思うところもあったかもしれませんね。あと内部告発的な事件で終わったということも悲しい。結局なんだかんだで、視聴率を番組制作会社はいつも気にしすぎだという世の中、仕方ない。視聴率が悪ければスポンサーも着かない。そして番組制作ができない。とこの流れは働いているほとんどの人なら想像がつくよね。でもテレビ出演した人からの内容の指摘により終わるって??意味がわからない。テレビに出た人たちが喜ばない番組??で、テレビを見ている人が面白がらなくって、で作っている人も嘘をついて。。。もうココまで来たら終わったほうがいいよね。そう思いました。きっとあなたでもそう思うでしょ。「非難を受ける」と非難したほうもされたほうもいい思いはしません。ほっとけばそれはエスカレートするかもしれませんね。
まあ、こんな風に考えるのはよそう。うちらのことだけ考えると、それでも良かったといえるし、あれはやらせではないって本当に思うよい戦いでした。日本タングステンさんもあの後の記者会見で、やらせではないって、またリベンジしたいんだって言ってくれた。負けてなお賞賛する企業の日本タングステン様は、凄い素敵な企業だって思った。そしてやらせではないって証明できる証拠の言葉です。本当にすばらしい言葉をありがとうございました。

まあ大分時間がたった話だけど、後ろ向きな話は、終わらせて来年また新しいことにチャレンジしたいなあ。そんな気持ちです。

参考サイト  技術は本物 
http://seizougenba.com/node/3233

スポンサーサイト

お客さんをしょうかいしてもらうこと

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

お客さんを紹介してもらうこと

お疲れ様です。師走も中盤、毎日のように忘年会をしまくって、毎年度のことですが、後何回忘れれば年が終わるのか?って考えることも忘れるくらい忘年会があります。そして去年は年末にとうとう力尽きて、風引いたまま新年を迎えたんで、今年は体を壊さないようにがんばろうと思っています。

さて、最近いろいろな方からお仕事の紹介をいただきました。それは、異業種の方からの紹介。不動産や、公共設備業などの私たちのお仕事とはまったく接点のない企業様を紹介いただいて、営業はとても新鮮ですし、最近の中小企業においてもITについてのニーズもあがってきているんだなあと思うこのごろ。
でもそのITしらずの中小企業様でもExcelなどでしっかり作りこんでいるシステムチックな機能には驚かされます。たとえば、その自前のExcelなんかで使っている機能をもっと都合よくシステム化していくなんていう話は多いです。
また、変わった仕事では、ある教育事業で使うパワーポイントの充実化を求めているようです。それを手伝ってくださいっていう感じでしたが、ただ単に、Toolを作るってことではなく、教育事業に磨きをかけていきたいという任務でしたり、また他の業務においてもIT化したいというニーズを求めていらっしゃいました。
とはいえ、新しいお客さんを紹介してもらうのってすごいことですね。そういう機会ってあるでしょ。それを私は大切にしたいなあと思っています。
営業をしているとわかるとおもうのですが、お客さんがやってきて仕事をくれることって私たちサービス業ではまずないと思います。こちらから進んで行ってお金払う業界なんて病院くらいかないかっておもう。それでも質が悪ければそれも違う病院に替えるだろうし。新しいお客様に会うってのは、とにかく難しいことです。まず、紹介していただく人が私たちを信用してくれて最初から見積もりを出せるということ。そういう関係を大切にして経営していくことが大切だと思います。信用を築くという難しさ。あの会社は大丈夫、紹介するわって、簡単な言葉ですが、その信用をつんでいきたいと思います。