スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

友人のやっているすし屋さんにいったときのこと。

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

お疲れさまです。いつも定期的にご飯を食べるお客さんと、今回は昔からのプライベート仲間がやっているおすし屋さんに行ってきました。
そこのお寿司やさんは高級なのですが、私が25歳くらいのときに知り合った、バイク仲間が独立して経営しているおすし屋さんです。ここのお店は自慢じゃないが「超うまい!」
komoti.jpg
例えば、子持ち昆布にぎり!!(うまそうでしょ)

其の名は「寿司のあおやま」大将が青山さんというので、其の名のとおり。
カウンターには7~8名がいっぱいで基本予約でお願いしています。座敷が4人がけ4組もいけます。
私は、行くと大抵、大将としゃべりながら、あいつはどうしているとか何やっているだの~うだうだ話しながら、戴いています。
隠れ家的なお店で、有名人もちょいちょい来るらしい。「ぐっさんち」という番組にも2回くらいでていました。

まあお店は「うまい」ところなんですが、私もまもなく40歳。
いっしょに行った人が50歳くらい。もう10年以上のお付き合いで、話すことも変わってきています。


私も若いときは、やっぱり「この人すごい!!」とおもった人に近づき、目をきらきらさせながら、その人の営業しているサマを見ながら、なんか私も真似できないかなあ?などと、一挙手一踏足をじろじろ研究したり、自分がめげているときなどは、尊敬している人や、素敵な人に会いに行って、話して元気になったりして、自分の肥やしにしたりしていました。
その一人が、今回一緒に食事に行った人の一人なのですが、自分も最近は、名古屋の営業活動を自分で行う事もちょっと少なくなってきて、(東京はけっこうやってますが)二人とも年齢を重ね、会話が落ち着いてきているなんて思ったりしました。
要するに「自分のメンター」みたいな人にあって、ぎらぎらさせられなくなっているのかなあ?
なあんて思ったりしたわけです。だけどこうも思いました。

自分が育ててもらった其の方々も、もう一線を離れてきているなあ。
自分はまだ最前線にいて、若い彼らと、出会ったり、其の若い彼らと一緒に仕事したり、今度はこっちが若い人たちと戯れ、育てたり、感化されたりして・・・与える番だなあなんて。

まあえらそうなことを書きましたが、そんな感じです。今年から、若い営業マンとか集めて、いろいろ懇親会とかやろうかなあって思っています。
ちょっと・・草案ですがね。異業種大歓迎だ。名づけて「スター8時だよ全員集合!」とかそんなのりで!

もうちょっとかっこいいのにしようかな。
まあそんなことおもいました。

スポンサーサイト

中部アイティ協同組合 理事長になったこと

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

このたび、中部アイティ組合の理事長に就任しました。公私ともに、真摯に受け止め、活動させていただきます。
本当によろしくお願い申し上げます。

就任の経緯がありまして、それを赤裸々に綴っておこうと。

12月の上旬に、このような人事の相談があり、最初は非常に戸惑ったが、結局この立場を受けさせていただくことになった。
本当はあと2年はこの「理事長」という大役は控えたかったのです。理由はあります。(たくさん・・・)
まあ東京の営業もまだ成熟していなかったので、関東の商圏でもう少ししっかりした営業をして人脈、社員採用なんかもやりたかったのです。

でも前理事長にこのようにおっしゃられました。「お前にしかたのみたくない」
と。そして、私はこのようにおもいました。

いつも準備周到ではなく、思っている感覚よりも何事も早くやってくるのか?と。また、これを機会と思い、受けいれるのか、もしくは災いとおもい、受け入れるのかは大きな違いだなあって。
あと、こんなふうにも。
「お前にしか頼みたくない。」
これはなかなか言われないことですよね。なかなかこのような事は言われません。
俺にしかできんことか?
自分の存在価値があることですねって。必要とされるって納得いくわ。

前理事長とは、いままで仕事、組合活動、そのたでたくさん私にこの業界のことや、もっといえば、経営論、もっといえば、人生論までも教えていただいた、わたしのメンターのような存在なのです。

そのひとに頼まれるっていうことは、受け入れるのが、筋ってもんです。私はそうおもいました。
なので、大役かもしれない、ことは早いのかもしれないなどと思いながら、受けさせていただきました。
そして、一緒に手伝ってくれる方々に年末にあってもらったのです。
あと、浜木綿の社長にも相談にいきました。あの方は組合の理事長をやっておられると聞いて、先輩に相談に行って話もきかせてもらった。
私は理事関係のなかで言えば多分2番目くらいに若い。っていうか、周りはおじいさんのような人、自分よりも年上ばかりだ。そしてみんなに口出しされるしなあ。

まあいろいろありますが、頑張っていきたいと思います。
やるからには、なぜやるか?なんのためにやるか?なぜこの組合活動が必要か?ここら辺を半年くらいで、もういっかい自分なりに見つめ直し、作り上げていきたい。そうすれば、絶対良い組合になる気がします。
皆さん。暖かいご支援とご指導をよろしくお願いいたします!
koutai.jpg

あるひとに聞いたこと。八風

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

いい話を聞きました。
其の方はある企業の社長。きっとこれから書く話にあるとすれば、賢人ではナイ気がしますが、強いお方です。

いつもの喫茶店で、いろいろ人生身の上話を聞いていたときにあったお話です。


happu2.jpg

八風(はっぷう)とは、仏の教えに基づいた修行を妨げる8つの出来事の事。
人間が求める4つの出来事四順(しじゅん)と、人間が避ける4つの出来事四違(しい)とからなる。

四順
• 利い(うるおい)‐目先の利益
• 誉れ(ほまれ)‐名誉をうける
• 称え(たたえ)‐称賛される
• 楽しみ(たのしみ)‐様々な楽しみ

四違
• 衰え(おとろえ)‐肉体的な衰え、金銭・物の損失
• 毀れ(やぶれ)‐不名誉をうける
• 譏り(そしり)‐中傷される
• 苦しみ(くるしみ)‐様々な苦しみ



この生業はまさに8風のようですね。四順は自分の傲慢を生み、友人をなくし、知人になじられ、裸の大様になっていく。四違は其の苦しみから逃れようと、自分を引き落としていく。その結果、病気になったり、死を望んだりするのだ。
この8つに惑わされずに進めるものこそ、賢人というのだそうです。

そういう人に私もなりたい。

と思いました。のでブログにかいておきましたとさ。


仕事はじめに思うこと

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!!
さて、今年は年末にインフルエンザのようなかんじになってしまい、変なドロップアウトをしまして、
まったく気持ち悪いかんじでした。そして正月も体調が優れなかったので、だらだらしていたんです。
こんなにのんびり正月っていうか、何日もすごしたのはひさしぶり。また変わった目線で社会を考える
時間をいただきましたわ。

まず、政治。あのあべさんに政権がかわってから、円安、株も上昇して、ものすごいことになって
いますね。まあこのまま政治自体休憩して、なにもしないほうが社会は安定するよ!きっと。
なんちって。これから議会が開かれて、あれやこれややりだしたら、また愚だ愚だになるわなあ。
ほんで、公共事業に馬鹿みたいにかねつかって、一時鬼の首とったかのように、やるんでしょうね。
でもまた借金増えるしね。年金もらえなくなるなら早めにみんなに言ったほうがいいよね。
そうしたらまだ手のうちようがあるわな。

まあ政治はいいとして、なんと胸が咳きであまりにも苦しくて、禁煙しています。もう10日くらい。
あまり吸いたくありません。ていうか、こんなことでタバコを辞めるなんて、納得いかない。
よくなったら吸ってやろうと思っているんですが、いまだ吸っていません。吸いたくないし。
これは何かえらいこっちゃ。

それと、また大役が回ってきた。中部IT協同組合の理事長であった●木社長が辞められることになって、
なぜか私に番がまわってきた。はあ。タバコ吸いたい。大変ですぞ。

暇なんでオークションをぶらぶら見ていた。最近わかった事は、バイクに乗ってない。
乗りたいなあ。まあ友達とかもいないし、絡むのも最近面倒なときもあるなあ。
なんてぐるぐるぐる~~ 暇なのはいかんなあ。まあ今年は乗ってやる!
BAIK_.jpg


あと、関東で2人も前向きな社員がやめる事になった。なんでかまったくわかりません。一人は寿退社。でも急に。もう1名は業務先トラブルからの突然の退社宣言。ショックですー。年も自分よりも上だったんで、いろいろ思うところもあり、意思をあわせて生きたいと考えていましたんですが。

今年もいろいろありそうですね。よくも悪くも「構えていたこと以上に事は大きい」という自分のことわざをいつも平常心で乗り切るというのが使命だと思っています。今年もみんな!!よろしく!