スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

愛知県一宮市 どらえもんグループ 炙一丁にいきました。

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

居酒屋ドラエモンのお話


ディズニー形感動居酒屋でおなじみの居酒屋ドラエモンのお話
http://www.draemon.net/

今日は一宮の炙一丁というところにお伺いして、弊社のオーダーシステムの導入前チェックをさせてもらいました。
写真 (10)

この企業様は愛知県一宮市が拠点のお店です。
名古屋市中村区の柳橋店と、愛知県一宮市に合計10店舗を構えています。
この「どらえもんグループ」は居酒屋甲子園で初代優勝をしたことでも有名なお店です。
経営者は若手まだ35歳の方であります。

このたび、渋谷の道玄坂に関東進出1号店に伴い、弊社のシステムを導入させていただくことになりました。
それもあって、この企業様のことを以前から知っていたのですが、より知って行くことになりました。


先ずは、サーービス力がすごい。
何がすごいって??

1、スタッフさんの接客笑顔
2、スタッフさんの声の大きさ
3、お店の清潔感や、トイレのセット 【うがい薬や、綿棒、サニタリーなどのセット】
4、社長の社員への教育が半端ないです。
5、あと、おやじ会員というサービスがあって、一度だけ会員登録してもらい、
  【そん時200円】あとは永遠にサービスしてもえるんです。

5についてちょっとピックアップすると、  
どんなサービスかというとですね、、、

1 ●●円のおつまみが永遠一人1個無料になります。(●は情報秘密です!でも牛丼より高いよ!)
2 お刺身盛りが安くなる
3 1か2のどっちか選べる
4 角ハイボールがいつも大盛りになる

とすごい。

まだある!
あと、「dor farm」という農園を作っているのも特徴かな。たぶんCRMの一環もある。

一宮市の駅前にいくとわかりますが、飲食エリアが狭い。
その社長は拠点を一宮市にしてる理由も、お客さんが毎日同じ料理を食べたら飽きるからだって。
確かに、一宮の彼の経営しているお店には、洋食、居酒屋、和食、韓国系焼肉、餃子と唐揚げ屋さん、海鮮、とレパートリーが豊富です。ここにも彼のこだわりがありますね。しかも店舗はかなり近いところに密集しているんですよ。多分、お客様にすぐに知ってもらえるように。あと、社員のシェア、酒類のシェアも考えられますね。うまくコスト削減しているようです。それとスタッフはアルバイトは、ほとんど使わないと言っていました。
接客サービスが落ちるのでって。

お店は、ゴージャスなものは目立ってないのですが、なぜか居心地が良いです。サービス満点と笑顔が素敵です。そうするとお客様にも伝わり、結果流行るんですねー。よく流行っていますよ。ほんと。
dora_convert_20121028192928.jpg
あとは、名物にもなった、柳橋ドラエモンは、誕生日イベントはすごいです。ディズニー形感動居酒屋って言われたのもこれです!!これは行ったことないとわからないと思いますが、お店にいるお客も巻き込んだ、誕生日のお祝いをするイベント。楽しいですよ。

 徹底的な社員へのサービス力指導と、コスト削減で元●社長はまだまだ成長していくんだろうな。今回も渋谷に自ら店長代理となって当分常駐してくるとのこと。このいつも先頭に立って、みんなを引っ張って行くのもリーダーシップとしても最高の形だと思います。
ここの社長は、私より若いですが、尊敬できる経営者の先輩でもあります。
今後もいろいろ学ばせてもらいたいです。

スポンサーサイト

政治と経済の話 40年後の先読みその1

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

西村氏のおはなし

先日元テレビアナウンサー、評論家の西村さんのお話をきいてきた。
政治と今後の経済のようなおはなし

10月25日石原都知事が辞任表明。今後衆議院選をにらんだ。大阪橋本市長は最近、週刊誌や雑誌などで強烈なバッシングを受けておとなしくはなったけど、80歳の石原さんと一緒にやろう!などといっているのであれば、可能性があるかもしれないと。しかし、先日の民主党のようにいずれさきぼそることもまああるかな?って。
しかし、一番良くないのは、亀井さんのやった、小泉元総理が郵政民営化をしようと新政権を創ったのに一部の新党を抱きかかえたおかげで、その勝手な考えをもつお方に、補正をてかけられてしまって、民営化が半民反官になっちゃったように今後、消費増税法案がまた捻じ曲がるようなことがあると、日本の信用はなくなってしまうのであろうといっていました。もちろんみんな増税は賛成ではないけど、一度決まったことは覆したくはないよね。確かにそう思う。

私は政治のことはわかりませんが、確かに今の政治には興味がないのはリーダーの居ない政治のせいだ!などと思っている。しかしその興味がない人たちが勝手に新しい法律、法案なんかを作ったりして、私たちの商売にも最終直結してくるんだよね。だから、興味は無くともよく知る必要があるってわけだね。最近の例なんかで、「派遣法」「日雇い法案」「65歳雇用」などの労働に関する「新しい法案可決」がされ制度が導入されたり、社会保険増、消費税増と、いろいろな負荷が中小企業を襲っています。でも、早めに知れば、なにか作戦も立てられるかも知れませんね。だから、ちょっとその「政治の新聞覧-3面記事」なんかも腹立つけど最近読んでいます。

その方はGS研究会というものを作っていまして、私も入ることにしました。GSとはゴールデン世代 = つまり 60代の方をゴールデンと呼んでいます。
日本で一番豊かな世代はこの60代だといっています。団塊の人たちは、時間もあるし、金もある。だからゴールデン(GOLD)ということ。その世代が世の中を左右するかも?という発想で、的を得ていると思っています。
今の日本は高齢少子化、円高、原発問題、尖閣問題 竹島問題、雇用問題、派遣問題などいろいろな問題がうごめいている。
0817senkaku1.jpg


でもその方の話でひとつわかったこと。

① たぶん今起きているさまざまな問題について2050年のこの後もあるだろう。
② 原発問題(エネルギー問題)少子高齢問題 などは永遠にある問題
③ 尖閣問題 竹島問題もたぶん50年後も解決はしていない。



ということは、現状この問題のせいにして、自社の景気が悪いなどといっていたらもう経営者は終いだと。それをいち早く受け入れ、もしくは理解し、もしくは利用し、乗り越えるものが社会に残存していけるのだと。 
社会の変化も最近は早いし、それに乗るかそるか決めるのも結構大変だな!なんて思いました。でも新しい情報を早く手に入れるのは必須ですよね。
まあそんなようなことを話していました。とりあえずこの研究会にはいろうと思います。(東京だけど)
続きはまた今度!!

かぼすもらった

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

昨日の話

昨日、犬山市までホームページの打ち合わせに出かけました。そこで、部長のうちのお庭に生った「かぼす」を戴きました。焼酎や、さんまにかけるとうまいんだと。

さて、そこは大手機械メーカーなのですが、ここのところ忙しいのは変わらないようなのですが、やはり来年のこととなると需要は見込めていないようです。なんせ内需のほうはめっきりないようで、あるのは海外、アジア地域。しかし其のアジア地域にちょっと陰りがあるように見えると・・

機械メーカーはいつも最新鋭の機械をお客様に届けるのですが、そこにはモノを創るための機械なので、売りが見込める企業は、その商品(例えば自動車とか、電化製品)を作るために必ず設備投資をするのですが、その設備投資に陰りがあるといっているのとおなじことで、景気よりも早く動向がつかめるのだとおもいます。
とはいえ、世界情勢はいつどうにか変わるのかはわからないので、先物みたいなものですけどね。
しかしまあ、その部長さんとちょっと立ち話で話していたときに、こんなことを言っていました。「これからは、海外とお取引が出来る企業にしていかないといかんよ。」
kabosu.jpg

それはどういうことか?って?

1、 社員ともども海外へいけるだけの技量を磨いておくこと。
2、 海外への視野を広げておくこと。
3、 金銭的な体力
4、 人脈を創っておくこと。

3が一番むずいなあ。
でも社員とかの意識付けのほうがむつうかしいのかな?

とはいえ、いつも刺激になります。私たちの未来に海外があることは知っていますよ。もちろんですとも。
さて、世界征服でもするか!

浜木綿 社長にお会いした

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

10月19日
金曜日の出来事

私は中小企業同友会名古屋第一青年同友会に所属しているのですが、いまいち活動に乗り切れないという事実がありました。今回12月に例会があって、いつものごとくPJ会を定例的におこなっていってます。
だけど何とか行けるときは手伝っています。そして、今回もリーダーの後●君が煮詰まっていて、「あー大変だけどがんばって!」といつも他人事のように見守っていました。しかし、なぜか協力依頼で私に白羽の矢が刺さったのである。
今回の会の報告者として、(とはいえいつも思うのですが、報告者なんていうおこがましい言い方がおかしいとおもうのですが、要するに、「会の特別ゲスト講演者」さんをあの、浜木綿の社長にしてもらいたいので、声をかけれる人いないか?ってこちらに連絡があったのであります。
以前に弊社のIPADを使ったセルフオーダーシステムのデモンストレーション依頼があり、林社長とは面識があったものの、このようなお願いを聞いてくれるか心配でした。
でも、電話で何とかお願いが届き、OKが出ました。(ここでもいろいろ段取りの悪さがあったのですが・・・)
だけどその事前打ち合わせに10月22日(この日)に夜時間を頂き訪問させていただきました。
会のメンバー5人で訪問し、林社長の経営者論を聞かせていだだいたのである。

なにか久しぶりに煌いた気がします。私の少し最近もやもやしていた何かを、吹き飛ばしてくれた会話と説教でした。そして言葉には重みがあり、目標がよく見えている方だともおもいました。
仕事に対する接し方のお話がわかりやすく、私は感銘を受けました。そして元気になった。

hayashi.jpg

大きなお話は2つ
 
①金持ちへの道と、経営者(事業主)の道は違う。
②経営指針をしっかりみつけたことで、それを口に出来、社員、周りの方からも信頼を受け、そうするしかなかったので、がんばれた。また、自分がそうなりたいとおもって実行していくこと。家族も、社員も理解しがたい苦難の道を登っていくにはそれは必要なのですと。そうすればおのずと皆ついてきてくれるのでは?

そして、こんなことも

・仕事に意味、価値を持たせること。
 どうしてその仕事をするのか?なぜ大きくしていかなければならないのか?
 やる意味や価値を見つければやれるようになる

・知識の量を増やす
 知らないことが多いと不安になる、だから知識を増やす
 知識が増えるとやれる気になってくる 危険も察知できたり、乗り越えられたり出来る。

・成長のほうが簡単である
 現状を維持し続けることのほうが困難
 もし小さな店舗を永遠に継続すれば、社員のモチベーションも上がらないし、利益が残せない。
 だから社員も辞めるし、給与も変わらない。それは大変なこと。


なんていろいろお話があったなあ。
とにかく最初からあつーい話だけど、まとめておきたかったので書いてみました。まあだれも
見取らんけどね。おれのメモって事で!

はじめまして

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

株式会社スターシステムの稲葉です。
ブログを今頃書き出しました。
いろいろよろしくお願いします。
ちなみにゆるーく行きたいと思います。
bijikonn.jpg
ビジ婚サプリ