スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

12期が終わって

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback


皆様お疲れ様です。4月も終わりですね。

ところでスターシステムの12期がおわります。
今年もいろいろありました。
出会いもあり、別れもあり、行事もあり。様々なことがありました。
私は、44歳なのですが、昨日T氏(うちの役員)と話していたこと。ふと思ったこと。

例えば65歳が定年だとすると私はあと21年しかない。そこまでにやれることが叶うか?望んでいることが叶うか?ということ。会社の規模、社会の役に立つこと、会社員の希望、会社員の平均年収UPなんかもある。たったの21年でそれが叶うところまでいけるか?
あるお客様に言われたこと。売り上げ目標は?利益率? 
実際のところ、私は2024年までに20億円の売り上げを達成させたいと思っています。と答えた。
そうしたところ、お客様はおっしゃった。「それって結構可能性が高い話ですね。いけるのではないのでしょうか?」・・・・・

もちろん100%ではないが・・・。
なるほど見える目標を見ていてもそこ止まりだ。どうせなら大きな夢を持とうと思う。

目標変更仕様ときめました。 
「年商●●億円規模の総合エンジニアリング企業」 ●=内緒
と最近思うようになった。見えない。でもそこがいいと思う。
そして
「お客様満足度No1!」の企業にしよう!
「社員満足度のとても高い」企業にしよう!
「社員平均年収の高い」企業にしよう!
「家族も喜ぶ」企業にしよう!
例えば、30代で500万(年収)を何人創るか?総社員数の何%にするか?
今は10%くらいだから30%にしよう。
直案件を70%以上にしよう!

で最後に思ったこと。
売上が少々大きいからって、社員数が多いからって、粋がっているそこら辺の若い社長と同じじゃつまらない。自分だけ給与が高くて、高級な車に乗って、社員の給与はくそ安い会社。

よくある光景。
そんな企業と同じじゃつまらない。
そうだ!そうしよう。もっと大きい偉大な夢を持って13期から挑もうと思った。

スポンサーサイト

入社してほしいひと

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

入社してほしい人

お疲れ様です。最近の学生さんの就職市場も変わりつつありますね。それと制度が今一つわかりませんね。内定解禁とか言って、なんのルールもたぶんないのであろう。フライングしている大手企業だらけで、真面目にやっている私たちは本当にバカみたいですね。まあどっちでもいいけど。
何を言っているかというと、5月に入り、入社試験を開催させてもらいました。6月に内定解禁的な話を経団連さんが決めたでしょ。企業コンプラのように、ルールは守りましょう的なお話をしていて、大手はすでに内定出し放題。学生側も困惑していますね。いつ内定解禁なのか?って。

そんな事はさておき、どんな人がスターシステム関係企業に来てほしいか?
って私の会社が言うのもおこがましいお話ですが、やっぱ採用する側にも好みはありますね。
・黙々と前向きにお仕事してくれる人。
・IT業界や私たちが携わる業界が大好きな人(嫌いな人でもいいけど、やっぱり好きな人がいいですね)
・ちょっとアウトローだけど、本当は心優しい人(優しくない人は・・・・)
・志がある人(将来この業界でのし上がったろう!とか)若いのにいいですね!理由なんていらないよ!
・趣味が合う人(私的に・・・スキーとか飲み会とか、麻雀一緒に打てるとか・・・笑)
・挫折したけど立ち直って頑張れる人(大好きです。こういう人は本当に強い!)
・特技がある人 、なんかのチャンピオンとかになったことがある人 
例)ジャグリングとか手品とかプロ雀士とか(前在籍していたな~)、スポーツとか、格闘技とかね・・・・
(なんでもいい。うちには前職いろいろな人がいます!でもそういう人って活躍していますよ)(元ホストとか、元メイドとかでも、あと銃剣道の達人とか笑)

楽しそうでしょ。そういう楽しみって「ふざけている」って思われるかもしれませんが、本音です。
もちろん真面目でITやら、専門的な電気や機械設計でやっていきたい!って思っている人が私たちの会社の門をたたいてくれればとてもうれしいのですよ。
ではそういうわけで就職活動頑張っていきましょう!

追伸 5月の終わりは九州福岡、長崎、北九州を回っていきました。関係してくださった多くの皆様本当にありがとうございました。

新しくスターシステムに就職を希望する方たちへ朗報です。

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

皆さまお疲れ様です。
「社長のブログ」 コーナーです。最近寒暖の差が激しくなりましたね。季節感もぶっこわれがち。
そして日本で就職活動の時期も最近あいまいになってきましたが、若い人のことなんて、偉いおじいさんたちにはわかりませんね。
偉い人は、大きな企業の人たちのことしか考えていないので仕方ないのです。
でも若い貴方たちが頑張っていくことは、その制度の右往左往なんかと関係ないことなので、そういうことを言い訳にせず、一生懸命に就職活動頑張ってください。
この就職活動もいろいろ大変ですけど、きちんと調べて自分に合った良い企業を見つけるのも楽しいと思いますし、ワクワクできる企業もあるって思いますので、そこも原動力にして乗り切ってくださいね!


さて、弊社の今年の就活情報について記載しておきます。募集要項で書ききれないマル秘的な制度や、
他社にはないサービスまとめ!!
ていうか目玉!!!

①資格取得制度が充実しています。 
これってはっきり言うと弊社の場合、募集要項をよく読んでほしいのですが、
応用情報技術者試験をすでに取得している人は1年間で延べ6万円の手当をもらえるのです!
(基本給与と別に資格支給として、5000円/月(1年のみ)で12カ月なので、6万円です)
http://www.star-system.jp/img/ss_kyujinhyo.pdf


②遠隔地手当とありますが、詳しくは。。。
遠隔地採用者に限定し東京採用の場合、住宅手当を増額支給(※2 北海道、九州、沖縄地区からの採用者想定)
とあります。これは何かというと、
九州地方、北海道地方などで、今年も企業説明会をしていますが、その場合、九州→東京 、北海道→東京の就職採用の
場合は3年間に限ってですが、住宅手当を厚くしています。20,000円/月 
ですから、専門学校生で基本給与180,000円/月+20,000円/月がベースになるのでずいぶん生活が楽になると思います。

③福利厚生
昨年度、その前の年度も慰安旅行へいきまして、2回とも沖縄へ100人くらいでいきました。今時慰安旅行なあなんて
思ってるでしょ。こう言うノリってありだと思います。とにかく盛り上がりますよ!

④福利厚生制度 傷害保険適用
これはなにかって言いますと、たとえば会社通勤の途中で、つまずいて転んでケガをしたり、休みの日に会社行事でレクリエーションしたときなんかに、突き指したり、捻挫したりして病院へ・・・なんてときに、効果を発揮しますよ。
会社が全額負担しているのですが、社員がその治療費の一部にと、通院したときなんかにお見舞費用(保険金)が受け取れる仕組みです。

ほかにもたくさん社員の補助になる制度や支援機関があります。
細かいことは本社に聞いてください。

で、どんな方に入社もらいたいのか?
それは次号にて!


では皆さんの熱いエントリーを待っています!

2015最後

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

2015年最後の日皆さまいかがお過ごしですか?
あと数時間で今年も終わりですね。今年は特にすごいスピードで年末が来てしまった感じです。
今年は楽しいことも悲しいことがたくさんありました。振り返ればいろいろありました。
ビッグイベントとしては
・10周年慰安旅行イン沖縄(これは心にのこりましたね)
・3S会にてイベント(SSR SY SSとの)
・鵜飼
・瀋陽インBBQ(これも壮絶でした)
・ごっちゃんのサプライズ結婚式(おめでとー!サプライズすぎた)
・あみやき亭のHP受注で頑張った!
・子供と2人きりのキャンプ(たのしかった)
・FDA同好会 イン 松本 (皆さまありがとうございました)真剣にやったんですが。。。
・長山の永眠 8月  ご冥福をお祈りします。
・諸井さん永眠 9月 ご冥福をお祈りします。
・9月東京湾清涼ツアーフェリー関東メンバー
・9月甲冑まつり 一宮
・犬山工場設置(ロングスタマシン)
・10月スターシステム瀋陽OPEN 柴社長のカッコいい演説!
・それと北朝鮮見学ツアー
・税務署監査
・ヴィーナスソリューション再燃!営業譲渡開始
・12月広島仮装忘年会大会
・そして最後にインテックス芝田社長永眠 ご冥福をお祈りします。


12月25日に芝田社長が逝ってしまいました。とても悲しいことです。彼とはこの数年だけでも何回も旅行に行ったり、ゴルフしたりしました。1年の最後に悲しいことがあったので、なんだか今年は悲しい感じになってしまいました。
思えば長山との別れから3か月しかたってないけど、、、、さらなる出来事が起きました。
税務署対応、ヴィーナスの再編、犬山倉庫、スターシステム瀋陽新設と様々な出来事がやってきました。今年は様々な大変なこと、つらい事件もかさなり、乗り越えたという感じが強い一年でした。

しかしこの10年で私一人だけでなく、幹部やリーダー、古株のみんなで支えてくれる良い会社になってきたっと思いました。
いろいろな部分で各自最良に思考し動ける組織。そんな会社になってきた気もします。
皆さんありがとう!
来年もまたいろいろなことが起きると思いますが、新しいスターシステムで乗り切っていきたいと思います。そしてその先に成長がある。いまのスターのメンバーならいける!って感じですね。

そして、亡くなった方々心よりご冥福をお祈りします。

では皆さま良いお年を!

年の瀬

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

師走ですね。皆さまお疲れ様です。
12月は忘年会シーズンで皆さんの胃袋が悲鳴を上げているかもしれませんね。
また、最近は寒暖の差がすごいので、身体に来ている方もあるかもしれませんが、お正月まであとすこしなので、みなさま頑張ってまいりましょう!

ところでITのお仕事って最近どんなんだ??っていろいろ思ったことがあって調べてみたのですね。ちょい昔はIT=ブラック業界
って言われていたようですが、最近はそうでもないようですよ。御国の政策で、残業を減らしたり、法律の整備も進み、とにかく働きやすい環境を敏感にIT企業さんは頑張って導入しているおかげで、この業界も少し明るい兆しになってきているようですね。
しってます?IT企業って結構平均年収が上がっているのですよ。
IT業界は結構広いのであれですが、システム開発、運用、保守というか、ソフトウエア開発、保守について従事している人たちの平均年収は560万程度だそうです。(いろんな情報があるのであしからず・・・)

例えば、50業種くらいの中でも10番くらいには上位に入っているようです。年収が低いのは、アパレル、外食、介護なんかはとくに悪いようですね。あと、ブラックの中でも外食、介護ていうのは、給料と労働のバランスの悪さっていうのがあるのかも。
あと、不動産や証券関係の業種もブラックと言われているようで、給与は異様にたかいのにブラックっていうのは厳しすぎて離職率が40%超えているような感じなのかもしれませんね。そういう点でみるとITというのも例えばゲーム開発なんかは離職率がとても高いですし、ファイリング業、データ入力業務や、ヘルプデスク業務なんかもITに属しておりまして、専門業なんかですと仕事は割と簡単なのだが、年収が低いっているような関わり合いもあります。

適職につくっていうことがブラックって言って会社を辞めなくてもいい方法は何かないかな?っておもうと次のようなことがあると思います。

例)
就職する前にちゃんと業界や企業について調べたりしてほしい。
また、インターンシップなどは活用したほうが良い。
体験入社なども。
あと、すでに働いている先輩からヒアリングも行ってみるとか、先生に聞いてみるとか。

WEBだけみて決めるとか、リクルート関係のスカウトメールのみ信用して就職活動するっていうのは危険で(これは相当危険!!)(リク●ー●ナビとか●●ナビとかは良いこと書いてあるけどその企業は責任とってくれませんよ。広告代ほしいだけだだからねぇ)、現代の問題かもしれませんね。必要なのは、自分に合った仕事か?業界の特性を知ったり、理解するのも必要ですしね。

ということですが、経営者に会えれば会うってもの結構良いかと思います。良い会社って社長はとても頑張っている企業がほとんどですよ。その逆はわかりませんけどね。
何がいいたいかというと、IT企業も最近は結構いいよ的な話でした。

忘年会あと何回あるか~~年末頑張りましょう。以上でした。