スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こるゆるーい出来事を気ままにかいていきます。

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

花金とか言っていた時代には帰れませんが、最近錦3は人が出ていますね。週末だったからか?
夜中お客さんと別れて、2時すぎにラーメンを食いました。人が多い。街にも人が。春の虫のようにね。
華やかな世界も春でしょうか?

IMG81.jpg
お客さんとうちのKくんと一緒に。真剣な顔でしょ!でも1時まわっております。

日本の景気はよくなってきているとか、、、とかなんとかあほなテレビがしゃべっていますが、本当に何かかわったのでしょうか?風評だけのような気がしますが。
麻生さんはそのなかで、「私たちはまだ何もやっていない!のに株価が上がっている事が問題だ!」って話していたって。何もしない国日本!とか。良いスローガンですね。


そういえば、雇用問題についての話。
ある大手企業の社長がはなしていました。
日本の雇用について、もし平等を守ろうとすると、8割は仕事をしない、もしくは難易度の高い仕事について、出来ない底辺にあわせざるおえないとおもう。そしたら基準が下がってしまう。そうすれば、モノつくりとかいってますが、品質が下がり、日本はだめになってしまう。だからその基準を下げないように、大手国内企業は海外に行って労働力を養うのである。結果、日本のルールを守ると日本での仕事はなくなってしまいます。国が日本で仕事するなっていっているようにしか聞こえないよって。しょうがないけど。
だからルールは大切だけどあまり取り締まるのもよくないのでは?って。ほどほどにって言うことが大切感ですね。確かに極論になってしまいますね。

重い。そうです。私もそうおもいます。国が平等というなら、国家公務員はなぜ労働基準法が成り立たないのか?など国は良くて、民間はNGなんて国が守れない法律作るな。

9割がたの方の仕事は其のうちなくなりますね。
でも私は日本人。今をがんばります。納得いかない愚痴ですが、名古屋の夜は景気いいのかな?代行タクシーも忙しいらしいし、夜の名古屋もがんばってください!!

スポンサーサイト

あまちんさんと父親の話

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback


先日、ラジオでおなじみの天野鎮雄さんにお会いしました。
その会の中で、その方の朗読をきいた。内容は「耳なし法一」電気をちょっと暗くして、みんなで聞いた。私はちょっと時間におくれてしまったので、一番先のはじめから聞けなかったのであるが、それでも30分くらいはきけた。
じっと暗い中できいた。目を閉じて。その朗読力はすごかった。私が20代前半で、サラリーマンを辞めて、親父と左官業を営んでいたときに、作業しながら良くラジオをきいたなあ~、って思い出しました。
そのとき、「ラジオにお任せ」っていう番組をアマチンさんがしてたのを思い出した。あのころからずいぶん環境がかわったけれど、私は懐かしくて、少し涙ぐんでしまった気がします。
写真 (12)

それくらい、声の記憶というのはあるのだと思いました。
そのときの時代に流れたラジオの声が目の前に居る。そして、ラジオで想像していた顔は明らかに違い、さらにその方が年老いてしまったのもあるだろうからかもしれないが、でも声は確かにそうでした。そのときの作業や、寒かったとか暑かったとかの気温、気持ちも、しっかりと覚えているもんですね。懐かしかったです。
 まあ、そのころお父さんと一緒に仕事をしたことも今となっては、昔話ですね。でもその父親が働いている背中を見れたのはすごく良かったな。仕事に対する大変さ、誠実さ、信頼、納期、仕事に対する姿勢など教えてもらったことがたくさんあります。それは今の私の仕事感にきっと生きているのでしょうからね。
 父親が先日誕生日で去年に引き続き、今年もお祝いに、友人のやっているすし屋さんに連れて行ったんです。たいそう喜んでくれたが、もう父は68歳。だけどまだ元気です。まだ左官業もやってるんですよ。

親孝行 親が居る間にたくさんやってやりたいです。昔は父と、良く喧嘩しまくって口も聞きたくなかったけど、今は、こうして近くに居ます。まあいろいろめんどうなことはたくさんあるけど、皆さんも親孝行してくださいね。

愛知県一宮市 どらえもんグループ 炙一丁にいきました。

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

居酒屋ドラエモンのお話


ディズニー形感動居酒屋でおなじみの居酒屋ドラエモンのお話
http://www.draemon.net/

今日は一宮の炙一丁というところにお伺いして、弊社のオーダーシステムの導入前チェックをさせてもらいました。
写真 (10)

この企業様は愛知県一宮市が拠点のお店です。
名古屋市中村区の柳橋店と、愛知県一宮市に合計10店舗を構えています。
この「どらえもんグループ」は居酒屋甲子園で初代優勝をしたことでも有名なお店です。
経営者は若手まだ35歳の方であります。

このたび、渋谷の道玄坂に関東進出1号店に伴い、弊社のシステムを導入させていただくことになりました。
それもあって、この企業様のことを以前から知っていたのですが、より知って行くことになりました。


先ずは、サーービス力がすごい。
何がすごいって??

1、スタッフさんの接客笑顔
2、スタッフさんの声の大きさ
3、お店の清潔感や、トイレのセット 【うがい薬や、綿棒、サニタリーなどのセット】
4、社長の社員への教育が半端ないです。
5、あと、おやじ会員というサービスがあって、一度だけ会員登録してもらい、
  【そん時200円】あとは永遠にサービスしてもえるんです。

5についてちょっとピックアップすると、  
どんなサービスかというとですね、、、

1 ●●円のおつまみが永遠一人1個無料になります。(●は情報秘密です!でも牛丼より高いよ!)
2 お刺身盛りが安くなる
3 1か2のどっちか選べる
4 角ハイボールがいつも大盛りになる

とすごい。

まだある!
あと、「dor farm」という農園を作っているのも特徴かな。たぶんCRMの一環もある。

一宮市の駅前にいくとわかりますが、飲食エリアが狭い。
その社長は拠点を一宮市にしてる理由も、お客さんが毎日同じ料理を食べたら飽きるからだって。
確かに、一宮の彼の経営しているお店には、洋食、居酒屋、和食、韓国系焼肉、餃子と唐揚げ屋さん、海鮮、とレパートリーが豊富です。ここにも彼のこだわりがありますね。しかも店舗はかなり近いところに密集しているんですよ。多分、お客様にすぐに知ってもらえるように。あと、社員のシェア、酒類のシェアも考えられますね。うまくコスト削減しているようです。それとスタッフはアルバイトは、ほとんど使わないと言っていました。
接客サービスが落ちるのでって。

お店は、ゴージャスなものは目立ってないのですが、なぜか居心地が良いです。サービス満点と笑顔が素敵です。そうするとお客様にも伝わり、結果流行るんですねー。よく流行っていますよ。ほんと。
dora_convert_20121028192928.jpg
あとは、名物にもなった、柳橋ドラエモンは、誕生日イベントはすごいです。ディズニー形感動居酒屋って言われたのもこれです!!これは行ったことないとわからないと思いますが、お店にいるお客も巻き込んだ、誕生日のお祝いをするイベント。楽しいですよ。

 徹底的な社員へのサービス力指導と、コスト削減で元●社長はまだまだ成長していくんだろうな。今回も渋谷に自ら店長代理となって当分常駐してくるとのこと。このいつも先頭に立って、みんなを引っ張って行くのもリーダーシップとしても最高の形だと思います。
ここの社長は、私より若いですが、尊敬できる経営者の先輩でもあります。
今後もいろいろ学ばせてもらいたいです。

かぼすもらった

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

昨日の話

昨日、犬山市までホームページの打ち合わせに出かけました。そこで、部長のうちのお庭に生った「かぼす」を戴きました。焼酎や、さんまにかけるとうまいんだと。

さて、そこは大手機械メーカーなのですが、ここのところ忙しいのは変わらないようなのですが、やはり来年のこととなると需要は見込めていないようです。なんせ内需のほうはめっきりないようで、あるのは海外、アジア地域。しかし其のアジア地域にちょっと陰りがあるように見えると・・

機械メーカーはいつも最新鋭の機械をお客様に届けるのですが、そこにはモノを創るための機械なので、売りが見込める企業は、その商品(例えば自動車とか、電化製品)を作るために必ず設備投資をするのですが、その設備投資に陰りがあるといっているのとおなじことで、景気よりも早く動向がつかめるのだとおもいます。
とはいえ、世界情勢はいつどうにか変わるのかはわからないので、先物みたいなものですけどね。
しかしまあ、その部長さんとちょっと立ち話で話していたときに、こんなことを言っていました。「これからは、海外とお取引が出来る企業にしていかないといかんよ。」
kabosu.jpg

それはどういうことか?って?

1、 社員ともども海外へいけるだけの技量を磨いておくこと。
2、 海外への視野を広げておくこと。
3、 金銭的な体力
4、 人脈を創っておくこと。

3が一番むずいなあ。
でも社員とかの意識付けのほうがむつうかしいのかな?

とはいえ、いつも刺激になります。私たちの未来に海外があることは知っていますよ。もちろんですとも。
さて、世界征服でもするか!

浜木綿 社長にお会いした

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

10月19日
金曜日の出来事

私は中小企業同友会名古屋第一青年同友会に所属しているのですが、いまいち活動に乗り切れないという事実がありました。今回12月に例会があって、いつものごとくPJ会を定例的におこなっていってます。
だけど何とか行けるときは手伝っています。そして、今回もリーダーの後●君が煮詰まっていて、「あー大変だけどがんばって!」といつも他人事のように見守っていました。しかし、なぜか協力依頼で私に白羽の矢が刺さったのである。
今回の会の報告者として、(とはいえいつも思うのですが、報告者なんていうおこがましい言い方がおかしいとおもうのですが、要するに、「会の特別ゲスト講演者」さんをあの、浜木綿の社長にしてもらいたいので、声をかけれる人いないか?ってこちらに連絡があったのであります。
以前に弊社のIPADを使ったセルフオーダーシステムのデモンストレーション依頼があり、林社長とは面識があったものの、このようなお願いを聞いてくれるか心配でした。
でも、電話で何とかお願いが届き、OKが出ました。(ここでもいろいろ段取りの悪さがあったのですが・・・)
だけどその事前打ち合わせに10月22日(この日)に夜時間を頂き訪問させていただきました。
会のメンバー5人で訪問し、林社長の経営者論を聞かせていだだいたのである。

なにか久しぶりに煌いた気がします。私の少し最近もやもやしていた何かを、吹き飛ばしてくれた会話と説教でした。そして言葉には重みがあり、目標がよく見えている方だともおもいました。
仕事に対する接し方のお話がわかりやすく、私は感銘を受けました。そして元気になった。

hayashi.jpg

大きなお話は2つ
 
①金持ちへの道と、経営者(事業主)の道は違う。
②経営指針をしっかりみつけたことで、それを口に出来、社員、周りの方からも信頼を受け、そうするしかなかったので、がんばれた。また、自分がそうなりたいとおもって実行していくこと。家族も、社員も理解しがたい苦難の道を登っていくにはそれは必要なのですと。そうすればおのずと皆ついてきてくれるのでは?

そして、こんなことも

・仕事に意味、価値を持たせること。
 どうしてその仕事をするのか?なぜ大きくしていかなければならないのか?
 やる意味や価値を見つければやれるようになる

・知識の量を増やす
 知らないことが多いと不安になる、だから知識を増やす
 知識が増えるとやれる気になってくる 危険も察知できたり、乗り越えられたり出来る。

・成長のほうが簡単である
 現状を維持し続けることのほうが困難
 もし小さな店舗を永遠に継続すれば、社員のモチベーションも上がらないし、利益が残せない。
 だから社員も辞めるし、給与も変わらない。それは大変なこと。


なんていろいろお話があったなあ。
とにかく最初からあつーい話だけど、まとめておきたかったので書いてみました。まあだれも
見取らんけどね。おれのメモって事で!