FC2ブログ

スターシステムの夢に向かっている途中のブログ

株式会社スターシステムの社長ののまわりで起こる出来事を気ままに記載していきます。

来年もよろしくお願いします。

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

あと数十分で2021年
この一年はとても大変でした。
1月20日に中国の上海でご飯を食べたころ、武漢では新型コロナウイルスが猛威を振るいだしていました。
中国ではこの新型コロナ流行に関するニュースは中国内ではあまり知られていなかったみたい(伏せられていたかもしれませんね)で、皆マスクなどしていませんでした。3月には大変なことになっていました。
それはすぐに日本にもやってきました。あの時その後、日本中に蔓延するのではないかと思いましたが、
まさにそのような社会になってしまいましたね。
東京都知事さんがWITHコロナとよく言っていましたが、WITHコロナ社会なんてもんは無いと思います。
そしていまや誰もがコロナにかかってしまってもおかしくはありません。
これは自然治癒を待つしかないか、もしくはワクチン接種7割人口を超え、世界的に免疫を持つまで時間がかかると思いますが。
しかし、ワクチンに関して安全性が確認されるまで日本に人はまだ打ちません。
あと半年以上はこのコロナ危機回復には時間もかかるといわれています。

私たちの業界は不景気が来るのが少し遅かったですが、6~7月ごろから不景気の波がやってきました。
それでもほかの飲食業界や、理容院、マッサージなどのサービス業に比べるとまだましでした。

ただし私たち経営者は未来を見ています。そして復活の方法やその時期をよく定め、力点を決めます。
来年の経済はどうかわかりませんが、3年、4年先を見れば優秀な人財は育てていかなければなりません。
そして粛々と安定な経営をして、社員に安心感とスキル取得をしていただき、常に高付加価値をつけていただけなければなりません。
私の企業は製造業や公共、自動車製造、そして金融などの業務内容の業界のバランス、そして、社員のスキルバランス、
経営にかけるお金のバランスなどを整えて、不景気にそなえていかなえければなりません。
幸いこの10年とっても固めな経営をしていたので、現在スターシステムグループは盤石です。
来年はそれらを整えながら力点を見定めて、そして忘れてはならない社員とあったかい会社創りに努めます。
3年前から挑んだアメーバ経営の改良型の「全員経営」もスターシステムに浸透して、しっかりとした経営の背骨ができたと思います。

来年も様々なお客様に私どものサービスを提供してお客様に満足いただけるよう努めていきますので、どうかよろしくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えください~

スポンサーサイト



全員経営浸透の勉強会

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

全員経営浸透の勉強会について


スターシステムではアメーバ経営式の「全員経営」という経営手法を取り入れている。
これについては何か本などでているので、また読んでみてください。


アメリカの大統領が交代する。そして新しい大統領は経済政策を打ち出しており、
現在このような動向があるといわれている。
ドル安に動く。
そうすると円高になる。
円高になると日本の商品が海外では売れなくなるだろう。
そうすると企業は下請けにコスト削減を要求する。
下請けは経営がますます苦しくなる。
この事態にどう対処していくのか?経営陣だけで時代の変化に対処できるのか?
来年は飲食業、サービス業にコロナ禍の不景気が浸透し、経営に大打撃があるといわれている。


現在の日本においての中小企業は、数字とは幹部、経理がはじいている企業が多い。
その反対のことをしていくのが全員経営です。
全員経営では現場で利益を出すということを体感することができる仕組みです。リーダーや部署長、課長が現場で考え、数字を設計し利益を出す。利益を出しているのは決して社長でもないし、幹部でもない。現場が利益を出すことを体感できる仕組みです。
全員経営を導入している企業は現在でも成績優秀な企業が多いのです。
昨今の企業は現場に数字を求めない。数字に関与させない企業が多い。そのため、現場のやりたいこと、いいことだけが優先して、数字と伴わない理想と現実が起こってしまい、事実と理想が乖離してしまう企業が多いのです。
このような企業は堅実に業績が伸びている企業や、日本でも新しい経営者がのびのびやっている企業と戦うことなんて到底できないと思います。
仕組みはシンプルです。
月に12回の戦いに出る。毎月締めて12回のゲームの結果を求める。勝ったか??負けたか?その結果はなぜか?そして来月は勝つために何をするか?具体的に手法を決めていくことが全員経営のキモとなっています。現場で稼働する社員たちが自分たちの売上や利益を考える。そして現実の現場と結びつけることで本質的な行動目標を立てることができるというのが全員経営のポイントです。だから全員で経営をする感覚を体感できるわけです。


孔子の士について語る。
孔子の論語の翻訳 子路第十三の二十。

漢文
子貢問曰、何如斯可謂之士矣、子曰、行己有恥、使於四方不辱君命、可謂士矣、曰、敢問其次、曰、宗族稱孝焉、郷黨稱弟焉、曰、敢問其次、曰、言必信、行必果、硜硜然小人也、抑亦可以爲次矣、曰、今之從政者何如、子曰、噫、斗筲之人、何足算也。
書き下し文
子貢(しこう)問いて曰わく、何如(いか)なるか斯(こ)れこれを士(し)と謂(い)うべき。子曰わく、己を行うに恥あり、四方に使いして君命を辱(はずかし)めざるは、士と謂うべし。曰わく、敢(あ)えて其の次を問う。曰わく、宗族(そうぞく)孝を称(しょう)し、郷党(きょうとう)弟を称す。曰わく、敢えて其の次を問う。曰わく、言(げん)必ず信、行(こう)必ず果(か)、硜硜然(こうこうぜん)たる小人なるかな。抑々(そもそも)亦(また)以(もっ)て次ぎと為すべし。曰わく、今の政(まつりごと)に従う者は如何(いかん)。子の曰わく、噫(ああ)、斗筲(としょう)の人、何んぞ算(かぞ)うるに足らん。

現代語訳
子貢(しこう)が尋ねました、
「どんな人物ならば士人と呼べるでしょうか?」
孔子は、
「恥を知り、主君の命令で他国に使いに行った時に主君の名誉を傷つけるようなことなく立派に振舞うことができれば、士人として十分だろう。」
と答えられました。子貢がさらに、
「よろしければ次善はどのような人物か教えてください。」
と尋ねると、孔子は、
「家族親戚から孝行者とほめられ、地元の人々から悌順だとほめられるような人物だ。」
と答えられました。子貢がさらに、
「よろしければ次善はどのような人物か教えてください。」
と尋ねると、孔子は、
「言葉には嘘が無く、行動は果断で最後までやり通す。このような人間は下手をするとつまらない頑固者になりかねないが、士人と呼べるだろう。」

と答えられました。子貢がさらに、
「近頃政治に携わっている人々はどうでしょうか?」
と尋ねると、孔子は、
「あの偏狭な人々かね?彼らは数のうちに入らないな。」
と答えられました。


赤い部分
約束を守る
売上目標を最後まであきらめない。具体的に数字を出してどうすればよいか見えやすくなる。今月あと360万目標に達成できないので360万残りの日程で獲得していくことを具体的に検討する。行動は最後まであきらめずやり通す。ネバーギブアップ!約束を果たす。
といった意味だ。
リーダーの素質は最低こういう人ではないといけない。ということ。

こんな勉強会を開催しました。




ハイブリッド型 定例会

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

お疲れ様です。

コロナ禍で会議も仕事も大変ですね。
たぶん新型コロナの影響で大きな変化があったと皆様言っておりますが、その中でも会議の在り方というのはずいぶん変わったと思います。しかし、コロナが終わったらそれがどのように定着するのか?というのが今後の課題ですね。
働き方改革を推し進める日本。生産効率を優先する日本は通勤がどうとか、働く形がどうとか?
まずは残業を減らして過労を減らす、そして残業できない分は生産性を上げる努力をせよ!という政府の方針ですから、
通勤時間というのは労働範囲外ですから無視されるのでしょうか?
そしてIT化がもっと進めば本当に在宅勤務の良さも見えてくる可能性がありますね。
必要なものは、
・鮮度の良い情報をいかに共有するか?
・労働の対価を離れている人と同共有するか?
・セキュリティの脆弱性をどうするか?(コスパよく)世の中、高額なものはたくさんありますから(アマゾンさんとかにまた負けるのか?)
・5Gへの対応
・それに伴う各ソフトの対応(めちゃくちゃありますからね~世の中ソフトは)
・生産性の見える化
・それに伴うハード対応

とりあえず、ZOOMやマイクロソフトのTEAMS、急ぎ早に作ったっぽいあのソフト群をきちんとしてほしいです。
あとベル●ェ●スは最悪ですねあれ。意味無い。

画面共有だけでなく社会共有できるIT社会が今後の課題ですね。
ITはNEEDSがなくなりませんね。

ところで自社の会議の様子。
ハイブリッド型で行った遠隔での会議

ちゃんと皆に伝わっているだろうか?と思います。特にスマホから参加する人は臨場感は無いでしょうね。たぶんユーチューブ見ているレベルかな?

IMG-4416.jpg


IMG-4418.jpg


IMG-4417.jpg
マスクとアルコールと距離感!



WITHコロナ って

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

お疲れ様です。
梅雨に入ってしまいましたね。

日本ってなんか遠慮の国ですね。
気象台の発表によると
「梅雨に入ったと思われる」とのことです。
って思っているんですね。。。断言すればよいのに~っておもいません?
気象庁なんだし、どうせ天気予報でしょ。雨の確立100%って神様でも言えない予報出すじゃん!言い切ってるじゃん!っていう日に雨降らなかったりするしね。
所詮といえば働いている人のこと侮辱しているようですが、そういう意味ではありません。最近の天気予報のヒット率は高い気がしますし。

話はそれましたが、
WITHコロナの時期みたいですね。
コロナになって社会人の不満まとめ、みたいなサイトはたくさんありますが、不満の第一位は外食できない、外出できない。人と濃厚に話せないなど。リアルコミュニケーションが取れなくなったという。

しかし日本もだんだんこの生活に慣れてきて、諦めて受け入れる層は増大していると考えられる。具体的に「不満の許容が進んでいる分野」を不満許容層の比率で見ると、「フィットネス・運動」34.3%、「食事・食生活」30.6%、「趣味」28.9%が上位だったようです。

だんだんコロナと共存していっていますね。東京はまだ渦中にあるようですが、地方との差があるのも今の時期なのかもしれません。小池さんががみがみうるさいだけではなくって、実際コロナの患者が増えていますもんね。自衛の時代だって言ってましたが、どのように自衛するんでしょうね。マスクと消毒だけで自衛できるとは思えないし私にはわかりません。外出するなってことだと、誰かが言ってた。仕事できなくって、給与もらえなくって、自殺する人が増えていて、実際コロナよりも死亡者が出てきているって。

帝国ニュース見てたんですが、現在はこの10年内で一番倒産件数が少ないようですね。これは潤沢な補助金のおかげですね。
そして、病気で亡くなる方も非常に少なくなっているようです。皆さん体の予防を徹底しているので、高齢者のインフルエンザ、風邪などの飛沫を介した感染が少なく、高齢者の死亡率が特に少なくなっているのが現状のようです。

さて、今後このコロナとどう向き合っていくか?補助金もそのうちあてにならなくなります。
私たち中部地方が拠点の企業は自動車が売れないと景気が突然悪くなります。だって今この時期に車買う人って少ないですよね。今後コロナの影響で経営の軸が変わる業界、そうでない業界、そして経営方法が変わる業界、大きく方針を変えなければいけないものと今まで大切にしてきたことを守り抜くこと、大局的な判断が大事になってくると思います。
経営手腕の見せ所なのではないでしょうか?

新しい情報をいち早く取り入れ、分析し行動する。この繰り返しが生き道を創ると思います。皆さん頑張ってのりこえましょう!
そしてふさぎ込んでも仕方ないので、息抜きもしながら頑張りましょうね。
では!

コロナの影響とGW

Posted by starsystem blog on   0 comments   0 trackback

お疲れ様です。
コロナショックの影響はとてつもないですね。
3密の回避
STAYHOME

普段できないことですが、コロナの影響で景気も悪くなっているので、無駄使いも減り社会では消費しない方向にありますね。
そして皆さんおうちにいるので、ある人が言っていたんだけどリサイクルショップに物があふれているそうです。
リサイクル品も値が下がるとよいのですが、まだそこまでは行ってませんね。
リサイクル店も買取拒否することが増えてきているとか・・・

マスクもそこらじゅうで売り出されましたね。
4月は中国から弊社も輸入して皆さんにできるだけ安くお届けしました。
中国製なのでいろいろあるかと思いますが、ないよりましです。
医療品も不足しています。アルコールも見当たりません。(あってもとても高い)

居酒屋で野菜を売っていたりテイクアウト用のお弁当を販売していたり、いろいろな工夫がされていますが、本業
で活動できないと、本当につぶれてしまいます。私たちのIT企業でも下期が不安定な状況です。

さて、コロナの話はどこにも転がっているので、もうしたくありません。今後社会が変わるという方がテレビで偉そうにしゃべっていますが、本当でしょうか?評論家の話は胡散臭いものばかりであてにはなりませんが、少し考えてみてもよいかもですね。

まずWEB会議
やってみてわかったんですが、確かに会議レベルでは問題ない気がします。だんだん高性能になってきている気がします。
そのおかげで、有料の会議システムが安くなってきている。。。

テレワーク
外国ではホームワークとか言うようですが、遠隔で仕事するという意味ですね。家ではない人もいますから。
生産性は7割以下という試算もあるようです。何分決定権がない仕事に限りますね。刻々と変化する営業や、企画ものには向いていない気がします。そして社内で行う経理業務も実は向いていませんね。IT業務は割とあっている気がします(下流工程)
上流工程においてはWEB会議と連結させると効果的ですが、環境がまだ異常な高さ。セキュアな環境がもっと
安くならんとはやりません。

時差出勤
これは割と良いかも。時間帯がばらけることで人も密集しなくなると思うし、東京は電車が大変なので。

東京一極集中
小池さんが頑張っていますが、そもそも政治関係、官公関係は景気に関係なく給与が安定している。
景気の悪さに彼らの給与を連動させてください。そうすればもっとまともな意見が素早く決まるかも?
そして首都を分散させるべきだと思います。あまりにも首都に物事が固まりすぎて経済活動が東京に依存しすぎですね。

休日
コロナの影響で土日に開催されるイベントがなくなった。イベントがないと楽しくもない。
勉強会やセミナーもないので、自由な時間が増えた。でも何をやっているのか?振り返っても特に何もない。
ジムやスポーツもできないので、みな運動不足、肥ってきているらしい。

医療器
マスクは今までにこれだけ売れたことがあるのかな?来年の今頃はマスク余っているんだろうな。布マスクしてみましたが
おしゃれでいいですね。マスクのおしゃれって・・・評論家もイメージしてなかったでしょう。

起業
スタートアップに適していた外食、、トレーニング系、サービス業は若者の独立手段であったに違いない。
その若者の心を折ってしまった。新しい経済では何がはやるのかな?

外食産業
本当に大変なことです。飲食に生き残りをかけて。老舗が経営難になってしまう。フランチャイズ、大手チェーン店しかない
外食なんてつらい。できるだけ個人店さん頑張ってください。補助金、金融何でも使えるものは使って生き残ってほしい。

働き方改革
今時もうどうでもよい適なこと言うとたたかれますが、倒産寸前でも改革するのでしょうか?こういう法案は後戻りしないことを
今後検討すべき。同一賃金とか全くよくわからない話しなくなりましたね。時代に合ってないってなってますね。

地震
デマが流れています。しかし、備えあれば憂いなし。ところで、避難所に行けなくなった現在どこに避難すればよいのでしょうか?
皆さん避難経路、避難の道具、食事など備えも確認する良い時期です。3日間生き残れるTOOLを準備しましょう。


まあいろいろ書きましたが、今の世の中をきちっと読んで変えれるとは変える。無理に変えない部分は変えない。
そういうスタンスでこの時期を乗り越えたいです。


では皆様お体ご自愛してください。